Overview

終の棲家を見据えた、
コートハウスのくらし

  • 所在地 : 愛知県東海市
  • 規模 / 家族構成 : 地上2階建て / 夫婦+子供2人
  • 延床面積 : 159.07㎡(48.12坪)
  • 構造 : 木造在来工法
  • 仕上 : 外部 / サイディング下地の上 吹き付け塗装
    内部 / 床:大理石調タイル張り、タモ無垢板張り、磁器質タイル張り
    壁・天井:EP塗装、磁器質タイル張り、化粧板張り
  • 設備 / キッチン : オリジナルキッチン
  • 設備 / 浴室 : オリジナルバス
  • 設備 / 洗面 : オリジナル洗面
  • 施工 : ㈱稲吉建設

終の棲家を見据えた、コートハウスのくらし

50歳代のお施主さんの、住宅の建替え計画である。

近い将来、子供が独立し2人住まいとなることを想定し、
生活の全てが1階で完結できるように、空間を構成しています。

寝室は、個々に配置することで、プライバシー性を確保しています。

それぞれの中庭を反して、プライベートとパブリックソーンが見渡せる空間となっています。

キッチンは、扉によって全ての収納を隠すことができ、LDKの一体空間で生じる、
生活観が出てしまうデメリットに考慮しました。

建替での記憶を残すべく、和室の大黒柱や床柱、建具などを再利用し、記憶の継承に努めました。

その他の実績