Overview

閉鎖的な既設の事務所ビルを、
開放的で街のシンボルに成り得るように、
新しい方向性を見据えた、事務所リノベーション

  • 所在地 : 愛知県江南市
  • 規模 / 家族構成 : 地上2階建て
  • 延床面積 : 298.08㎡(90.17坪)
  • 構造 : 鉄筋コンクリート
  • 仕上 : 外部 / 磁器質タイル張り、硬質プラスチック(格子部)
    内部 / 床:磁器質タイル張り、カバ無垢板張りオスモ塗装
    壁 / クロス張り
    天井 / コンクリート(構造体表し)
  • 施工 : ㈱波多野工務店

閉鎖的な既設の事務所ビルを、開放的で街のシンボルに成り得るように、 新しい方向性を見据えた、事務所リノベーション

既設事務所ビルを不動産会社の事務所とショールームにリノベーションする計画です。


駅前にありながら閉鎖的であった既設事務所ビルを、会社の社風が外部にも
映し出されるような、開放的であり、透明感の高い構成になっています。
2階部分は、既設の外壁に変化を持たせるために、格子の表層を被せ夜は間接照明で
ライトアップを行い、昼と夜のシーンを街に向かって演出するデザインになっています。​


ショールームとして使用する1階は、3つの接客ゾーンを
質感や家具の設え天井の高さなどで差別化し、それぞれの用途に応じて
居心地の良さを感じていただける空間構成にしました。


​2階は、執務空間と役員空間を区分けしながら、
曖昧な空間構成によって繋がる、一体化した開放的な空間構成にしました。


​透明性の高いガラスの壁、ショーケースとしての棚の壁を設えることで、
魅力のある空間をつくり、会社の社風や雰囲気が、ショールーム空間に醸し出せるような演出を心掛けました。


閉鎖的になりそうな業界の芽を払拭した、未来に向けて、地域の社会に向けて、
リノベーションの力で、街、社会が変化していくことを実感し、今後のストーリーが楽しみです。​

その他の実績