名古屋市のコートハウスの基礎ベース部のコンクリート打設工事

設計のプロセス

名古屋市にて進行中の「コートハウス」は基礎ベース部のコンクリート打設工事が行われました。

コンクリート打設が始まる前に、コンクリートの受け入れ検査を行いました。

最初の生コン車から、直接コンクリートを採取して、配合計画書通りのコンクリートの内容で問題がないか、スランプ値、空気量、塩化物量、の目視検査を行いました。

結果は配合書通りの品質で、問題ありませんでした。

 

コンクリートや鉄筋の配筋等、目に見えなくなる部分は、お施主さんにとって、不安になる部分でもありますので、設計監理者として、しっかりと目視確認を行い報告書を作成することで、工事のプロセスを安心していただけるように努めています。

 

コンクリート打設の作業を見ているとこちらも参加したくなり、ついつい参加してしまい、腰が痛いです。

 

とても良い感じで現場が進んでおり、来月の建て方が楽しみです!