名古屋のコートハウス杭工事

設計のプロセス

名古屋市内で進行中の「コートハウス」のプロジェクトは、杭工事が行われました。建設会社さんの提案があり、掘削した穴に砕石を投入して締固める、エコジオ工法という施工方法で行いました。

選定頻度が高いセメントミルク工法と違い、少ない建設機械で現場スペースを取らず、水を使用しなくて済むなど、メリイトがあります。

穴の大きさや5mまでの深さに対応しているなど、施工基準がありますが、しっかりと砕石が地盤に入り締まっていることが目視にてよく分かりました。

約2.5mの深さにて35本の杭を、2日間にて施工を終えました。

いろんな最新の施工方法がありますが、適材適所にて時代に沿った新しい技術を設計に取り入れ、施工方法の観点からも設計を考えていきたいと思います。