小牧市の住宅本体の工事が完了しました。

設計のプロセス

小牧市内で進行中の「L型のコートハウス」は、建築本体の工事が完了しました。

外壁のコテ塗り仕上げは、手仕事の趣が感じられ、片流れの屋根のラインと合間って、とても良い感じの外観になりました!

設計過程において、コストバランスによって、サッシュの形状や大きさを見直し規格サイズの仕様に変更しましたが、窓庇をL型に通したデザインによって、コート空間との関係性も良くなり、外観上も綺麗なデザインになりました。

これから、コート空間やアプローチ、植栽等の外構工事が始まります。

コート空間を設えることで、それぞれの空間との関係が深くなるLDKや寝室、子供部屋からの眺め、デッキの居心地など、外構工事の完成が待ち遠しいです!