設計業務の進め方

-01 . 基本計画

メールや電話にてご連絡を頂き、お会いしてご要望等のお話を伺い致します。

(土地の測量図や土地の情報があればご用意下さい。好きな雑誌などの写真やご要望等を箇条書きにてまとめて頂ければ、より効果的な打ち合わせになります。)

ご要望に基づき、3案程度の提案をさせて頂きます。
(設計概要、平面図、立面図、イメージパース等のラフ図面(1/100)並びに、模型やイメージコラージュを提出致します。)


-02 . 基本設計

提案図書を叩き台として、間取り・外観・空間の建物イメージを練り込みながら、想いを図面や模型にて表現します。このプロセスを何回も繰り返すことで、設計のベースを創り込んでいきます。

また、設計ベースの大枠が出来上がった時点で、建設会社に概算見積書並びに施工計画書(敷地が特化している場合等)を作成してもらい、資金計画とのバランスを検討します。


-03 . 実地設計

基本設計をベースとして、構造・設備・造作家具などを含めた詳細な設計・打ち合わせを行い、想いを確実に協力業者に伝える図面を作成します。(意匠・構造・設備を含めて60枚以上になります)

また、照明・設備・置き家具等の打ち合わせ時には、ショールームにて実際に現物を観ながら検討を行います。

プロジェクトにおける建設業者の技術力や姿勢を見極めた上で、数者の工事業者の選定をして、見積もり依頼を行います。

その後、見積書を基に金額の妥当性や施工性等を検討して、業者を選定します。(各業種で信頼できる職人さんが多く居ますので、お施主さんと相談をしながら参加是非を検討していきます)

また各役所機関に提出する申請の代行を行います。


-04 . 設計監理(現場チェック)

選定した工事会社と工事請負契約書を結んだ後、設計図書に基いて工事が行われているか、スケジュールや近隣に対して順調に進んでいるかをチェックします。

週一回以上の定例会議では、協力関係業者さんを交えて設計の想いを伝えると共に、完成度の高い美しい空間・建築が出来上がるように詳細に至るまで、精度の検討を行います。 また、協力関係業者さんの士気を高め、一体となって造り込んでいく雰囲気つくりに努めています。

最終的に現場で判断する部分に関しては、再度図面と照らし合わせながら各工程のたびにお施主さんと協議を行います。

また週一回、月一回毎に現場の進捗状況や施工承認図等のフォーマット化した書類を提出し、現場状況を報告します。


-05 . アフターメンテナンス

お引き渡し後、工事業者と一緒に、6ヶ月・1・2・5年の定期検査を行うと共に、随時、不備や相談に対応させて頂きます。

お引渡しが、仕事の完了ではないと考えておりますので、親戚になったつもりで長いお付き合いをしたいと考えております


詳細・竣工写真

Process Case 1

各月毎のタブをクリックすると進捗状況が表示されます

スパイラルハウス 平成20年4月 ~ 平成21年6月 竣工

  • p1_001

    中庭を中心として回遊性の出来る空間を創造しています。

  • p1_002

    3案の空間構成を提案して、最良な空間構成を検討しています。話し合いを積み重ねることで、目指している空間構成が観えてきました。

  • p1_003

    基本設計が終了し、建設会社からの概算見積もりも出てきました。今後は、実地設計に取り掛かり、スケッチやスタディ模型を繰り返し造りながら、検討を行なっていきます。

  • p1_004

    窓の考え方など、各部屋の空間構成や繋がり方などパースやスタディ模型を創りながら、検討を行なっています。窓の考え方が、空間を左右する建物・空間であり、いろいろと悩みながら方向性を探っています。

  • p1_005

    1/50のスタディ模型を制作して、最終的な空間のチェックを行なっています。お施主さんとの打ち合わせも、細部に至る部分まで行い、図面をまとめ上げる手前まで進んでいます。

  • p1_006

    構造設計事務所との念密な打ち合わせが始まりました。今の空間構成を壊さないように、構造力学的に支障がない設計になるように、検討を行なっています。毎回のことながら、構造事務所さんの意匠を尊重した上での、設計の考え方に頭が下がりっぱなしです。

  • p1_007

    実地設計終了。窓の考え方など、各部屋の空間構成や繋がり方などパースやスタディ模型を創りながら、検討を行なっています。窓の考え方が、空間を左右する建物・空間であり、いろいろと悩みながら方向性を探っています。

  • p1_008

    VE案を検討して、譲れる部分と譲れない部分を再度検証しながら、最終的な変更項目を決定し、建設会社さんと顔合せを行いました。建設確認申請の準備に取り掛かります。

  • p1_009

    建築会社さんとの契約並びに、地鎮祭も終わり、後は、建築確認申請の許可が降りるのを待つだけとなりました。スキップ階など、複雑部分を審査の方が、どう解釈して頂けるか少し不安です。

  • p1_010

    杭・基礎工事が始まりました。工事をするには、立地条件が良く、気心の知れた監督さんや職人さんと、良い雰囲気で打ち合わせが大切になります。

  • p1_011

    建方完了、造作工事に入りました。プレカット屋さんを始め、サッシュ屋さんと念密な打ち合わせを繰り返しながら、無事に建方工程を完了しました。まずは、ほっとしています。定例会は、いろいろな協力業者さんが参加して、熱い会議になっています。

  • p1_012

    中間検査・JIOの検査も無事に終わり、内部造作が始まりました。サッシュや屋根・外壁工事も進み、開口部が現れてきました。工事・空間的にも納得のいく状況でプロセスが進んでいます。

  • p1_013

    外壁やサッシュも取り付けが終了し、内部の造作工事が進んでいます。チリなし逃げ無しの難しい納まりや、ストリップ階段など、大工さんの腕試し部分の作業が始まりました。定例会で何度も話し合い、理解をして頂きながら、良い雰囲気でモノ造りが進んでいます。

  • p1_014

    足場が外れ、外観・中庭が現れました。中庭と部屋・バルコニーと景色の魅せ方など、良い感じです。これから、仕上げ工程に入り、よりシビアな打ち合わせが続きますが、このままの良い雰囲気で、モノ造りを進めていきます。

  • 6p1_015

    六ヶ月に及ぶ工事が無事に終了しました。お施主さん、協力業者さんの皆さんと対話を繰り返して、納得のいくプロセスを築くことが出来ました。「小さな家の大きな空間」をコンセプトにした、ドラマチックな空間・建築を創造することが出来ました。ご家族さんの成長と共に、建築・空間の移り変わりを観させて頂こうと思います。


詳細・竣工写真

Process Case 2

各月毎のタブをクリックすると進捗状況が表示されます

縦格子の家 平成20年11月 ~ 平成22年7月 竣工

  • p2_001

    南側に公園がある環境に恵まれた、新興住宅地での計画が始まりました。天井や床の高さに変化を持たせ、部屋が繋がっていく空間構成をとりながら、公園や中庭との関係を踏まえてコンセプトを考えています。

  • p2_002

    将来の増築に対しての配置の考え方など、コート部分と前面の公園とのバランス性など、いくつかの模型を造りながら空間をスタディしています。

  • p2_2101

    スタディ模型も、1/100から1/50・75にスケールアップしながら、空間並びに納まりの検討を進めています。お施主さんとの打ち合わせは、いくつもの模型を一緒に観ながら想いを膨らませています。

  • p2_2102

    外観ファサードの魅せ方や、サッシュもの使用など詳細に至るまで、お施主さんと打ち合わせを行なっています。基本設計もまとまりつつあり、建設業者さんに概算見積もり依頼を行う前まで進んでいます。

  • p2_2103

    建設業者さんから概算見積りが出て来ました。多少オーバーしていますが、実地設計に入り詳細を精査しながら、まだまだ検討する部分が多く、ひとつひとつじっくりと検討しています。

  • p2_2104

    外観や内部の空間性に関して、詳細な打ち合わせを行なっています。ここまで、いくつの模型を作成したのか分からなくなってきました。前面広場からの見え、将来の増築を見越した空間の取り方など、まだまだ検討する所が多く、ひとつひとつお施主さんと納得しながら進めていこうと思います。

  • p2_2105

    構造事務所さんとの打ち合わせも始まりました。毎回のことながら、大きな開口部やスキップ空間など複雑になる構造体に、構造事務所さんは大変のようです。頭を悩まされながら、仮定断面や構造フレームを検討して頂いております。

  • p2_2106

    大スパンの構造や大(多)きな開口など、コストUPに繋がる要因が多くあり、空間的には魅力がありますが、コストバランスが心配なため、再概算を建設業者さんにお願いしています。コンセプトや方向性・モチーフをFIXして、計画案を練り込んでいます。

  • p2_2107

    概算見積もりの結果、予算との開きがあり、再度、コンセプトや想いのある空間構成をFIXして、設計変更を行なっています。規模を縮小した分、シンボルとなる空間構成がはっきりと浮かび上がり、各部屋の考え方も明確になり、良い感じにまとまりつつあります。

  • p2_2108

    リビング・キッチンやスキップ空間など、メインとなる部分の詳細を検討しています。キッチンからスキップを抜けて、リビングの窓に映る空を見渡せるように、視角が広く行き届く空間を構成できるようにスタディ模型を造りながら、検討しています。

  • p2_2109

    本格的に構造事務所を交えての打ち合わせも始まりました。大開口部がある空間、スキップ空間など、構造設計事務所泣かせの建物ですが、コンセプトを理解して頂きながら、構造設計を進めて頂いております。意匠・設備設計も、想いを入れた図面の枚数が増えて来ました。

  • p2_2110

    約80枚の設計図書が出来上がりました。再度、お施主さんに仕様を確認して頂きました。後は、工事業者さんに見積もり依頼を掛ける手前まできました。

  • p2_2111

    実地図面が出来上がり、建設業者さんに見積もり依頼を掛けています。所々の格子のモチーフとスキップ空間によるダイナミックな空間を現実化出来るようにと建設会社さんとのやりとりに、胃が痛い日々が続いています。

  • p2_2112

    建設業者さんが決まり地鎮祭が行われました。年明けから、杭工事・基礎工事と本格的に工事が始まる予定です。

  • p2_2201

    柱状改良の杭工事が始まりました。長さ4mの柱状セメントを約60箇所施工しています。定例会議も始まり、現場体制も本格的になってきました。

  • p2_2202

    小春日和の中、無事に上棟を迎えることが出来ました。開口一杯のサッシュやトップライトなど、難しい収まりを大工さんを始めサッシュ屋さん、ガラス屋さんも加わり、熱い定例会が繰り広げられています。

  • p2_2203

    サッシュ・外壁が取り付けられ、内部の空間と外観の輪郭が見えてきました。同時に、難しい収まりに挑戦して頂いている監督さんをはじめ、大工さん・協力業者さんの苦労が良く分かります。定例会も活気・熱気に溢れていますが、あまりエキサイトしないように、楽しく進めていこうと思います。

  • p2_2204

    モチーフとなる縦格子の施工が始まりました。また、造作家具や木製建具の打ち合わせが始まりました。ディテールが小さい収まりのため、取り合いがとても難しいですが監督さんを始め、協力業者さんの熱意に助けられています。

  • p2_2205

    造作家具並びに木製建具、塗装の工事が始まりました。徐々に、収まりが観えてきて、良い感じに仕上がってきています。現場の和気藹々な雰囲気も良い感じです。

  • p2_2206

    造作家具が取り付けられました。空間が見えてきて、トップライトからの光の移ろいなど良い感じです。監督さんの熱い想いがひしひしと伝わってきて、とても良いプロセスを築いていることを実感しています。

  • p2_2207

    名前の通り、縦格子が内外に多用された住宅が完成しました。監督さんをはじめ、協力業者さんみなさんの想いが篭り、ディテールも美しく、予想以上の出来栄えとなりました。毎回、心配りを頂き、何度も現場に足を運んで頂いたお施主さんも感謝です。また、想いのある良い建物が出来ました。